​CEO MESSAGE

お取引先各位・
入社を検討されている方へ

​代表取締役社長

井上 正道  Masamichi Inoue

​代表挨拶

​機械設計のプロとして顧客により高い付加価値を提供し、

お互いに心から感謝できる関係の輪を広げていく

当社は1981年の創業以来、ボトリングシステムをはじめ様々なFA機械の設計請負業務の実績を積み、お客様のパートナーとして共に歩んできました。

おかげさまで創業当時から社員数も増え、「次世代のサン技研」を創り上げていくことを見据えて2020年12月より新たに代表取締役として就任いたしました。

今後はお客様の要望を図面化することに留まらず、3Dモデルを使ったシミュレーション解析などのデジタル化を進めることで様々な提案を可能にし、機械設計のプロとして当社を信頼してくださるお客様に対してより高い付加価値を提供してまいります。

また、代表取締役交代を機に経営陣がこれまで大切にしてきた想いを社内外により分かりやすく伝えるため、経営理念を刷新いたしました。

「良い仕事ができる人でありたい」「周りから必要とされる人でありたい」「感謝される・感謝できる人でありたい」

この3つの想いをかけ合わせ、「ものづくりを通じて、最高の技術を提供し、笑顔でつながる会社を目指す」という経営理念を改めて掲げております。

これからも当社に関わってくださる方の喜び・幸せに繋がる仕事をし、お互いに感謝できる関係性の輪を広げていけるよう、社員一同で誠心誠意励んでまいります。

​サン技研への入社をご検討の方へ

人​を大切にし、人をつくる会社でありたい

​創業当時から、当社はなによりも「人」を大切にする経営を心掛けてきました。

​時には納期によって負荷がかかる場合もありますが、「残業代は前後1分単位で支給」「ライフイベントに合わせた柔軟な対応」など男女問わず働きやすい環境づくりに取り組んできた結果、近年では女性の入社も増えてきました。

また、今後は設計者の経験差による図面品質のバラつきを補うために判断基準をデータ化し、デジタルを活用してより効率的な技術継承ができる仕組みを整えることで技術者育成も進めていきます。

​取引先に真摯に向き合い、難しい要望にも応えてクオリティの高い仕事ができる社員達の存在が当社の財産です。

そんな社員達のために、将来安心して繋いでいける環境を作ることが社長としての使命だと考えています。

日頃からものづくりに興味があり、世の中の為になる機械設計に携わって人々を喜ばせたい方にはきっと向いている職場です。

​一緒にものづくりの一翼を担い、ともに成長していきましょう!​

代表取締役社長 井上正道

​機械系の専門学校を卒業後、新卒の頃から28年間に渡り産業機械の設計業務に携わる。2015年より株式会社サン技研の経営陣の一員となり、2020年12月より代表取締役に就任。

​プライベートでは2児の父。柔らかい話し方のおかげか、話しかけやすいと言われることが多いです。

\  役員・社員インタビューはこちら

IMG_8054_edited.jpg